2020.12.04

シリンダヘッド熱膨張試験

GPZヘッド

シリンダヘッド熱膨張試験

4~5年前にいつだったかは忘れたけれど、ワンピースガスケットのトライ中撮った興味深い写真が出て来ました。


熱的には水冷エンジンより過酷な空冷エンジンの熱膨張ってどうなの?

って事で思い立つと確かめないと気が済まない性分。


バルブガイド抜いたり、スリーブ抜いたりするのに重宝してた焼鳥台も今は昔もう無くなりましたので、工場のコンロに網を乗せて焼きました。熱分布が出来るだけ均等になるように上からはバーナーでひたすら炙り、時間と温度を計測しノックピンの外側で計測してみました。
Z1ヘッド
検体は、Z1とGPZ。
冷間時で微妙に100分の5くらいは違うのな。
基本同じ位置でなければいけないノック穴の位置もそのくらいの個体差はあるって事ね。
同じZ1でも、ヘッドを替えた時微妙に入りづらいのを半ば強引にヘッドナットを締めつけた経験のある人は僕だけでは無かろう
18℃から検証。
燃焼室温度だけで言えば1600℃くらいまで上がるけど、
空冷ヘッド自体は150℃くらいまでとする。
なぜかってえと物語があるとです。
30℃
7分52秒経過。



ってタイム計って意味あるんか?って突っ込みは無しで
動かざるは岩の如く。30℃では動ぜず。
そして18分21秒山は動くとです。
79.5℃
420.4㎜
そして26分49秒
102.5℃
ここでギア比の問題なのか?420.6㎜から伸びない!!
32分32秒
キター420.08㎜
38分後クライマックス

(はっ?とした。ガス代がもったいない事に気付く)
まああれだ。
補正値で421.1㎜をマーク目標は達成した。
151.5℃1.1㎜
世界初空冷Zシリンダ膨張試験結果発表。

空冷Z系エンジンは、151.5℃で1.1㎜熱膨張する事がわかりました。

規定トルクで締めてれば、ガスケットも一緒に伸びるから無し問題と言う人と、いや膨張係数が違う物だから特にカムチェーントンネル部分に問題が出るぞって人と意見は様々。

まあだからなんなんだ?って事なんですが、些細な事でも出来る対策はするに越した事は無いって事でノック穴の個体差にも対応出来るように対処しました。

僕の回りには何事にもネガティブで容赦なくダメ出しをしてくる人が沢山居てくれて幸せなのかもしれない。